2011年08月23日

いとみち

越谷オサム『いとみち』(新潮社)

いとみち [単行本] / 越谷 オサム (著); 新潮社 (刊)

最近の新人は、文章にともかくテンポがある。
読むスピードと読ませるスピードが、
心地よくシンクロしているので楽しい。

そのうえ、
シチュエーション作りも馬鹿馬鹿しくてあきれてしまうので、
まいってしまう。

本作もその一つ。
津軽弁まるだしの高校生が、
日本最北青森のメイド喫茶で働くという話。

「お、おがえりなさいませ、ごスずん様」
としかいえない少女。

実は、津軽三味線の名手だったんだって・・・
ネ、面白そうでしょ!!



posted by boss at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。