2013年02月28日

名探偵クマグスの冒険

東郷隆『名探偵クマグスの冒険』(静山社文庫)

名探偵クマグスの冒険 (静山社文庫) [文庫] / 東郷 隆 (著); 静山社 (刊)

シャーロック・ホームズが活躍した頃
のロンドンって、なにか、
猥雑であやしげな暗い街
のイメージってありません?

産業革命による新しい時代の反面で、
人々は、おどろおどろした
伝説や神話の中で生きている。

その時代、日本人の博物学者にして、
奇人・南方熊楠が、ロンドンにいた。

熊楠自身とほうもない面白い人物なのに、
このあやしげな時代の
フィクションの主人公にしてしまおう
とする作者の豪腕に脱帽です。

細かいディテールに
きちっと史実を加えて
ウソっぽく読まれない工夫が、お上手。

posted by boss at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

世界記憶コンクール

三木笙子『世界記憶コンクール』(創元推理文庫)

世界記憶コンクール (創元推理文庫) [文庫] / 三木 笙子 (著); 東京創元社 (刊)

またまた創元社で、またまた文庫ですみません。
ハードカバーが最近不作続きで、
ちょっと昔の作品を見直してます。

舞台は明治、
雑誌記者でホームズ役の里見と
イケメンの美人画家でワトソン役の有村礼
のコンビで繰り広げるお楽しみ探偵帳という仕立て。

普通にみると少年少女向けネット小説
といった感じなのだが、
意外と凝った出来で気に入りました。

明治という時代背景をよく感じている──
主人公をとりまく登場人物のバラエティが豊か──
ホームズ物でちゃんとまとまっている──
文章構成が一見バラバラなのに、
読み進めるときれいに完結している──

その上、短編集なのだから、
この先とっても楽しみだ。

な〜んてネ。
偉そうなこといって・・・ゴメン。

posted by boss at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。