2010年08月31日

かたみ歌


かたみ歌 (新潮文庫)

かたみ歌 (新潮文庫)

  • 作者: 朱川 湊人
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/01/29
  • メディア: 文庫



ごめんなさい。
直木賞作家(『花まんま』)なのに、今まで一冊も読んでませんでした。
なんかちょっとホラー系の感じがして......
食わず嫌いなんです。

でも、恐れ入りました。ちょっと興奮してます。
ノスタルジックホラーというんだそうです。

昭和40年代の東京の下町を舞台に展開する、「あの世」と「この世」をつなぐ“あやかしの世界”。

語り口の優しさと時代背景の丁寧な描き方が抜群です。

時代ものを書きだした頃の宮部みゆきさんの筆の冴えを思い出しました。


花まんま



posted by boss at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年09月15日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160435257

この記事へのトラックバック

かたみ歌 朱川湊人
Excerpt: 忘れてしまってはいませんか?あの日、あの場所、あの人の、かけがえのない思い出を。東京・下町にあるアカシア商店街。ある時はラーメン屋
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-09-15 10:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。