2013年05月07日

サクラ秘密基地

朱川湊人『サクラ秘密基地』(文藝春秋)

サクラ秘密基地 [単行本] / 朱川 湊人 (著); 文藝春秋 (刊)

久しぶりで朱川さんの新作を読みました。

近未来小説というジャンルがあるとすると
彼の小説は、
近過去小説ということになるのかな?

現在の自分が、過去をふりかえる。
そこには、常に自分自身がよく知っている
事実が並べられているはず。

ところが、実は、
その過去自体が、
見方ひとつでまったく違った過去が現れてくる。

果たして、自分自身の歴史というものは
本当に正しく理解しているのだろうか。

変にノスタルジックで、変にコワイ、
SFの味付けが、たまりません。

posted by boss at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「サクラ秘密基地」朱川湊人
Excerpt: 直木賞受賞作=w花まんま』や、涙腺崩壊≠フキャッチフレーズ『かたみ歌』で、読者の涙を誘った短編の名手・朱川湊人が、家族と写真にまつわるちょっぴり不思議で哀しいお話をお贈りします。二〇一二年秋に、三..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2014-09-26 14:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。