2013年06月05日

閑話休題 柳家小さんのこと

若い頃から落語が好きで、
聴いたり見に行ったりしてました。
落語マニアの仲間です。

意外と多いんですよ。
寝るとき、必ず落語を聴きます。

多くの落語ファンのように、
文楽、志ん生の時代からハマりました。
昭和落語の頂点の頃ですよネ。

文楽は、落語の完成形を目指した人で、
歌舞伎でいえば市川宗家のようなもの。
落語十八番を完成した人です。

志ん生は、全ての落語を自己流で喋る人。
だから誰もマネのできない
志ん生落語を作った人です。

円生と正蔵は、
この二人とは少し離れて落語の幅を拡げ、
知らない噺まで調べ、
演じた研究者といったところでしょうか。

そして今回、初めて感心したのが
小さんの落語です。

どんな時でも
前述の四人より下と見られていた小さんですが、
最近、たくさん聴きました。

これが、本当に面白いのです。
話術のたくみさは勿論ですが、
あらためて、落語は、
面白いものが本当は一番なのではないでしょうか。

「達人」かな?
もっともっと、小さんを見直して欲しいと思います。

落語のはなしは、時々したいナ。

五代目 柳家小さん 落語傑作選 全集 [DVD] / 柳家小さん (出演)
posted by boss at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 落語のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。