2013年06月19日

タイニーストーリーズ

山田詠美『タイニーストーリーズ』(文春文庫)

タイニーストーリーズ (文春文庫) [文庫] / 山田 詠美 (著); 文藝春秋 (刊)

申し訳ない。
ミステリーや時代小説に
うつつを抜かしていました。

昔から好きだったくせに、
ちょっとお見限りでしたね。
やっぱり、
めちゃめちゃ文章うまいし、面白い。

これ、短編小説というより、
もっと短い小説集。
文庫本1冊に、21ものストーリー。

そのひとつひとつが、
充分にそれぞれ勝手に、
長編小説のモチーフになるほどの贅沢さ。

作者の感覚だけで、
人間を四方八方から滅多斬りして描いてみせて、
そのひとつひとつのエピソードが
ものの見事にまとまっている。

小説家って、やっぱ、こうでなくちゃね。
posted by boss at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。